区切り線

ホームへ | このサイトについて | サイトマップ | 問い合わせ | 管理人プロフィール

区切り線

ホームページビルダー使い方トップへ>区切り線用画像を配置する

区切り線用画像を配置する

「images」フォルダに、区切り線用の画像を入れたら、次はそれを配置してください。

画像の配置は、何度もやってきましたのでもう解説する必要はないと思いますので、各自でやってください。

今回、配置する画像である「line.jpeg」は、1px×1pxと非常に小さい画像ですので、配置したとしてもおそらく見えないと思いますがきちんと配置されているはずですので安心してください。

配置したら、一度上書き保存しておいてください。

上書き保存のショートカットキーは、「Ctrl+S」です。

次に配置したら、HTMLソースを編集してその画像を縦に引き伸ばします。

配置した画像をクリックすると、下のHTMLソースが黄色に変化する部分があると思います。

それが画像を表示させるHTMLソースですので、それの高さを表す「height」を500に変更します。

具体的には、以下のように変更します。

変更前:<img src="images/line.jpeg" width="1" height="1" border="0">
変更後:<img src="images/line.jpeg" width="1" height="500" border="0">

すると1px×1pxの画像が高さ500pxの画像にぎゅーっと引き伸ばされて線のように見えます。

動画マーク ↓ここまでの解説を動画で見る。

これで、区切り線の作成は終わりです。

戻る   進む

Search

サイト内を検索することができます。

Web製作おすすめ本

↓ホームページビルダーの使い方の基本をおさえたい方におすすめの本です。

できるホームページ・ビルダー12 Windows Vista/XP対応

↓できるシリーズのスタイルシート版です。スタイルシートの基本を押さえておきたいおすすめの本。

できるホームページスタイルシート入門―Windows対応 (できるシリーズ)

↓ホームページビルダーで満足できなくなったら、プロが使うソフトであるドリームウィーバーに乗り換えましょう。

Dreamweaver CS3 Windows版

↓おすすめのエックスサーバー!月額1,050円で1GB+マルチドメイン

↓とりあえずという方のためにおすすめのレンタルサーバーが月額263円からのロリポップ!

ホームページビルダー使い方トップへ>区切り線用画像を配置する