区切り線

ホームへ | このサイトについて | サイトマップ | 問い合わせ | 管理人プロフィール

区切り線

ホームページビルダー使い方トップへ>テーブルでラフなレイアウトを作る

テーブルでラフなレイアウトを作る

さきほどの大まかな枠組みを確認しましたので、さっそくテーブルを配置していきたいと思います。

まずは、大きな青のテーブルから設置していきたいと思います。

ホームページビルダーを起動させると、最初は何も表示されないと思いますので、さきほど作った「サンプル」のトップページを開きます。

上部のメニューにフォルダのマークをしたボタンがあるとおもいますのでそれをクリックしてください。

写真マーク ↓フォルダを開くボタン

フォルダを開くボタン

どのファイルを開くのか指定する画面が出てきますので、さきほどCドライブに作った「サンプル」というフォルダを開けましょう。

「ファイルの場所」のチェックボタンをクリックして、「ローカルディスク(C)」をクリックして、「サンプル」フォルダをダブルクリックします。

すると、「index.html」というファイルが出てくると思いますので、それをダブルクリックしてください。

この「index.html」というのが、あなたのホームページのトップページになりますので、これを編集していきます。

ダブルクリックすると画面に真っ白のページが表示されたと思います。まだ、何も作っていないので真っ白なページになっていますが、これからこのページをデザインしていきます。

動画マーク ↓ここまでの解説を動画で見ることができます。

それでは、ページにテーブルを配置します。

まず、真っ白なページの部分で一度クリックしてください。真っ白な、ページの上で黒いカーソルが点滅すればOKです。

その状態で、「表の挿入ボタン」をクリックします。

写真マーク ↓表の挿入ボタン

表の挿入ボタン

表の行と列を決める画面が出てきますが、今回作るレイアウトは6行ですので、行数を「6」にします。

列数は、とりあえず「1」にします。

行数や列数は後で変えることができますので大まかなものでかまいません。

「表の属性」は、「表の枠を表示する」だけにチェックが入っていると思いますので、そのまま「OK」をおします。

すると、小さい6行1列のテーブルが配置されたと思います。

動画マーク ↓ここまでの解説を動画で見ることができます。

これでは、少し小さいので次のステップで幅と高さを調節します。

戻る   進む

Search

サイト内を検索することができます。

Web製作おすすめ本

↓ホームページビルダーの使い方の基本をおさえたい方におすすめの本です。

できるホームページ・ビルダー12 Windows Vista/XP対応

↓できるシリーズのスタイルシート版です。スタイルシートの基本を押さえておきたいおすすめの本。

できるホームページスタイルシート入門―Windows対応 (できるシリーズ)

↓ホームページビルダーで満足できなくなったら、プロが使うソフトであるドリームウィーバーに乗り換えましょう。

Dreamweaver CS3 Windows版

↓おすすめのエックスサーバー!月額1,050円で1GB+マルチドメイン

↓とりあえずという方のためにおすすめのレンタルサーバーが月額263円からのロリポップ!

ホームページビルダー使い方トップへ>テーブルでラフなレイアウトを作る